楽天が、新入社員研修にイマジカデジタルスケープを選んだ理由(ワケ)(4/4)

4.目的に応じた研修の導入で全社的なレベルアップを図る

4. 目的に応じた研修の導入で全社的なレベルアップを図る

来年度以降の研修についての展望をお聞かせください。

来年度以降もイマジカデジタルスケープにお願いしたいと思っています。今年は3週間でしたが、できれば期間をもう少し延ばしたいですね。毎年、必要な知識やスキルには変化が出てきますので、ご相談の上でしっかりとカリキュラムを組んでいきたいです。

今年は新たに既存社員への研修も導入されたそうですが?

マーケッターやバイヤーなど、制作部門ではない社員に向けて、コーディング、情報設計、デザイン概論、Photoshopの4つの研修をデジタルスケープに開いていただきました。このような知識は、制作系の社員のみならずWebサイトの運営に関わる社員全員に必要です。いずれもベーシックな内容で1縲鰀2日で修了できるカリキュラムでしたので、全社で延べ100名が参加しました。

今後、イマジカデジタルスケープに期待することはなんですか?

新卒新人研修では、基礎知識を習得するとともに、実務をこなしていく中でのさまざまな判断、また、判断の裏付けとなる知識を与えられたら良いですね。2年間でおおよその傾向が掴めてきたので、よりスムーズに実務に入っていけるような内容にブラッシュアップしていきたいと考えています。また、既存社員に向けての研修も、年間のレギュラースケジュールとして導入を進めていきたいですね。このような全社を通しての取り組みは前例がないので、引き続きデジタルスケープの力をお借りしたいです。新入社員研修と既存社員研修、目的に合わせた研修で、会社全体のレベルアップを図っていきたいと思います。

    • 求人・制作・企業研修についてのお問い合わせ