経営者、管理者、プロデューサーに必要なWebの知識の資格試験「Web検定 Webプロデューサー」 2月18日(水)から開始!

2009年1月21日

デジタルコンテンツの教育書籍及び雑誌の出版販売等を行っている株式会社ワークスコーポレーション(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:篠原 淳 以下:ワークスコーポレーション)は、社団法人全日本能率連盟登録資格「Web検定(ウェブケンテイ) http://www.webken.jp/ Webプロデューサー試験」を2009年2月18日(水)から実施いたします。試験の申込みは、1月21日(水)から受付を開始します。

概要

ワークスコーポレーションは、Webに関わる人々の知識の標準化を目指し、「Web検定」の企画・開発を進めてきました。「Web検定」は5つの資格で構成され、2007年12月にスタートした「Webリテラシー」、上位資格の第1段として2008年末にスタートした「Webデザイナー」、「Webディレクター」に次いで「Webプロデューサー」の試験を2009年2月18日(水)から開始します。ビジネスプロデュースや事業計画など、経営的視点に立ったWebプロデューサーの要件を網羅的に抽出した内容となっています。

「Web検定」の構成と「Webプロデューサー試験」について

Web検定は、WebデザイナーやWebディレクター、Webプロデューサー、Webプログラマーという、制作・開発のプロとして職務についている方々向けと、ビジネスベースでWebに関わる方々向けに、Webの標準的知識(リテラシー)を保有するゼネラリストとして認定する「Webアソシエイト」という全5資格で構成されます。

今回スタートする「Web検定 Webプロデューサー試験」は、豊富なビジネスモデルやマーケティング戦術の事例と解説、Webサイトの企画やプロジェクト管理まで、広範にわたるプロデューサーの職務に必要な知識を整理・体系化した内容となっています。現役のWebプロデューサーはもちろん、ビジネスコンサルタント、広告・マーケティングの担当者、広報・宣伝部門、営業企画・戦略部門の方から、今後それらの業務に携わる予定のある方を対象に、魅力ある資格として市場に認められるよう成長していくことを目指します。

実施要項

試験名称 Web検定 Webプロデューサー
試験方式 コンピュータによる随時試験方式
試験時間 90分(試験終了時のアンケート回答時間含む)
試験会場 プロメトリック テストセンター (全国約200会場より選択)
試験日 2009年2月18日(水)より 随時開催予定
受験料 16,800円(税込)
申し込み インターネット・FAX (2009年1月21日(水)より受付開始)
出題範囲

ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブックシリーズ
【4. Webプロデュース】から約80%
http://www.webken.jp/produce/
【1. Webリテラシー】から約20% で構成
http://www.webken.jp/literacy/

合格基準

正解率80%以上

※Webプログラマーの試験は2009年中に開始予定です。

Web検定の概要とお申込みはこちら

http://www.webken.jp/about/

お問い合わせ

株式会社ワークスコーポレーション 検定事務局 URL:http://www.webken.jp/
TEL:03-5459-8264  e-Mail:info@webken.jp

当リリースに関するお問合せ

株式会社デジタルスケープ 経営戦略室・広報G URL:http://www.dsp.co.jp
TEL:03-5459-6201  e-Mail:pr@dsp.co.jp

    • 求人・制作・企業研修についてのお問い合わせ