「クリ博オンラインワーク」、ライブ映像配信サービス「Ustream」と協力 ~ライブ映像配信サイトのデザイン制作業務をクラウドソーシングでサポート~

2014年2月27日

株式会社イマジカデジタルスケープ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大林 克己、以下:当社)は、このたびUstream Asia株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中川 具隆)が運営するライブ映像配信サービス「Ustream」の日本語版において、ライブ映像を配信するWebサイト自体のデザインや、タイトル画像、ロゴの作成といった制作業務を、当社のクラウドソーシングサービス「クリ博オンラインワーク」(※1)を利用することで、オンライン上で手軽に発注を可能にする、制作サポートを開始しました。

 

日本国内で約242万人の登録ユーザー数(2014年1月末現在)を抱えるライブ映像配信サービス「Ustream」は、ここ数年、小規模配信ユーザーが増加しており、今月28日に表彰式が開催される「Ustream大賞2013(※2)」においては、エントリー総数(「Ustream大賞2013」および「Ustream大賞への道」へのエントリー合計)が前回と比べて148%となり、インターネットライブ映像配信の需要はますます高まっています。
企業が主体となる大手の配信ユーザーの場合は、番組サイトのロゴやWebサイトなど、デザイン的に作りこまれており、視聴者の目にとまりやすく人気が出やすい傾向があります。一方、個人を筆頭とした小規模な配信ユーザーの場合は、主な利用者が映像編集者であり、デザインの制作業務については専門外であるため、番組サイトは初期設定のままデザインがされないことが多く、視聴者への訴求力が弱いことが課題としてありました。

このたび、当社のクラウドソーシングサービス「クリ博オンラインワーク」と「Ustream」が協力することで、ダッシュボード(配信ユーザー用の設定ページ)から特設サイトを通して、「Ustream」の配信ユーザー側にノウハウが無くても、「クリ博オンラインワーク」に登録しているスキルの高いクリエイター群に、デザインやイラスト等の制作を発注することが可能になりました。

当社は「クリ博オンラインワーク」を通じて、「Ustream」の映像配信ユーザーに対しクリエイティブな制作業務を提供することで、インターネットライブ映像配信のさらなる発展に貢献してまいります。

 

※1 クラウドソーシングとは、インターネットを通じて仕事の受発注ができるサービスです。「クリ博オンラインワーク」は、イラスト制作やサイトデザインなどクリエイティブ系の業務を得意とするユーザーが多数登録していることが特徴です。
https://www.onlinework.jp/

※2 「Ustream大賞2013」とは、2013年にライブ映像配信サービス「Ustream」で配信された中から最も面白いチャンネルを投票で決める企画で、今回は91チャンネルがエントリー。詳細は、こちら<http://www.ustream-asia.tv/news_20140214.html>をご参照ください。

 

<特設サイト>
Ustream×クリ博オンラインワーク 「Ustream番組をもっと見てもらうための7つのポイント」
https://www.onlinework.jp/ad_c/ustream/

 

【Ustream Asia株式会社について】
ソフトバンクグループで映像コンテンツ事業を展開するTVバンク株式会社と、ライブ映像配信サービス「Ustream」<http://www.ustream.tv/>を提供する米国Ustream, Inc.との合弁により、2010年5月設立。「Ustream」の日本語版を提供。URL: http://www.ustream-asia.tv/

 

クリ博オンラインワークに関するお問い合わせ

株式会社イマジカデジタルスケープ クリ博オンラインワーク担当:塚本/中西
TEL: 03-5459-6203 e-Mail : support@onlinework.jp

当リリースに関するお問い合わせ

株式会社イマジカデジタルスケープ メディアサービス部 プロモーショングループ 広報担当:藤吉
TEL:03-5459-6203 e-Mail : prg@dsp.co.jp

    • 求人・制作・企業研修についてのお問い合わせ