出向常駐サービス 実績3

WEB運用体制診断で運用フローの再構築

大手情報出版会社 C社様

ご提案前の状態

  • 発注者・制作者ともに業務負荷が大きくなりすぎていた。スピード・コストの両面から業務フローの改善が急務となっていた。

 

発生していた問題点・課題

  • 制作における“ロスタイム”が多い
  • 発注者の負荷が高く、企画等の業務に専念できない
  • 運用ルールが一部属人化している

 

弊社からのご提案

  • 運用フローの課題を明確化する、運用体制診断の実施をご提案。
  • 明確化された課題解決の為に、弊社社員ディレクターが一定期間お客様先に常駐し、運用体制の再構築をご提案。
    • 発注者と制作者とをつなぐディレクターの業務を確立。
    • 現状のフローとルールを見直し、実行可能なレベルでの再定義。
    • 制作者の実作業時間とロスタイムを“見える化”のご提案。

 

C社様での効果

  • 管理工数の合理化
  • マニュアル見直しなどによる工数削減
  • 制作業務のコスト削減
    • 求人・制作・企業研修についてのお問い合わせ