2020年新年のご挨拶

2020/01/06

謹んで新春のお慶びを申し上げます。
昨年中は格別のご厚情にあずかり心より御礼申し上げます。

昨年は、元号が平成から令和に変わる大きな変化があった年でしたが、「働き方改革関連法案」に基づく施策が順次適用される年でもあり、労働環境においても大きな変化があった年でもありました。

そのような中弊社は、学生に向けたクリエイティブ・マスコミ業界最大級の合同企業説明会「クリ博就職フェスタ/マスコミ映像就職フェスタ」等の就職活動や業界研究、もしくはインターンのためのイベントを数多く開催し、多くの方々にご利用いただきました。
あわせて、業界に特化した求人メディア「クリ博ナビ」を全面リニューアルし、学生のみならず、ユーザー企業の利便性も向上させることに注力いたしました。

https://www.kurihaku.jp/

また、クリエイターの方々を対象にしてクリエイティブに関わる全ての人を応援するオウンドメディア 「To Creator」を新たにオープンいたしました。

https://www.dsp.co.jp/tocreator/

Web・ゲーム・映像・プロダクトデザインといったクリエイティブの業界別に、「キャリア」「トレンド」「TIPS」「インタビュー」「レポート」「セミナー」「匠」といったジャンルでコンテンツをお届けしており、開設以来多くの方々にご訪問いただいております。

そして、受託制作機能の充実を図るべく、東京新橋に制作スタジオを増設したことに加え、主に関西圏において教育系企業から金融機関まで幅広い顧客を対象にアプリ・Webシステム開発を行なっている株式会社ステークホルダーコムと資本・業務提携いたしました。

さらに人材育成においては、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会主催の日本ゲーム大賞内に設置された「U18部門」の運営や、弊社が実行委員会を運営する次世代の若手クリエイターを対象とした映像制作の登竜門「東京国際プロジェクションマッピングアワードvol.4」を昨年同様開催いたしました。

これもひとえに皆様の多大なるご支援の賜物と心より感謝いたしております。

本年は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される歴史的な年になります。引き続き「クリエイティブを生み出す全ての人から選ばれる会社へ」をビジョンに、クリエイティブを生み出す人たちの課題解決や働き方の提案を通じて、映像/コンテンツ産業の発展に貢献し、豊かな社会づくりをサポートしてまいります。

何卒、本年も昨年同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社イマジカデジタルスケープ
代表取締役社長 篠原 淳

ページのトップへ戻る