次世代の若手クリエイターが競演! 有明・冬フェス2017 東京国際プロジェクションマッピングアワードvol.2 東京ビッグサイトにて12/16(土)開催

2017/12/05

 東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会(運営:(株)ピクス、および(株)イマジカデジタルスケープ)は、次世代の若手クリエイターを対象とした映像制作の登竜門【東京国際プロジェクションマッピングアワードvol.2】を12月16日(土)に東京ビッグサイトにて開催します。

 

 当アワードは、最終審査にノミネートされた、海外校を含む全11チームのプロジェクションマッピング作品を上映する映像コンテストです。舞台となるのは東京ビッグサイトを象徴する逆三角形の会議棟。高さ約30メートル、幅約94メートルの日本最大級のスクリーンにて若き才能による熱い戦いが繰り広げられます。
最終審査は、映像作家、アートディレクター、雑誌編集長、および海外のクリエイターなど国内外の映像・クリエイティブ業界の第一線で活躍する6名の審査員団により実施され、上映会後に表彰式にて各賞の受賞者が発表されます。優秀作品については、今後ビッグサイトで定期的に上映されることになります。

 

出場チームの作品上映後には、過去にアワードに出場した学生チームによる作品を再編集したスペシャルダイジェスト映像を上映予定。花火とプロジェクションマッピングのコラボレーションによるスペシャルショータイムでフィナーレを華やかに締めくくります。

 

また今回初のエキシビション上映となる「Sports Design.camp」は、パナソニック株式会社が、オリンピック・パラリンピックムーブメントを醸成するために推進中の参加型アクティビティ「いっしょにTOKYOをつくろう。」の一環で実施するもので、「東京2020公認プログラム」にも認定されています。
「スポーツ」をテーマに、若手のクリエイター達が、センサーやカメラなどを使い、ステージ上のデモンストレーションと壁面のプロジェクションマッピングが連動するインタラクティブなプロジェクションマッピングプログラムです。

 

 当イベントは、(株)東京ビッグサイトが共催し「有明・冬フェス2017」として地域の賑わい創出も担います。会場には「おもてなしコーナー」としてスープや温かい飲み物を提供する無料ドリンクエリアもご用意。冬の夜空の花火とプロジェクションマッピングの共演をぜひ会場にてお楽しみください。

 

 東京国際プロジェクションマッピングアワードは、2020 年の東京五輪等で益々注目を集める東京の地で、世界的に需要が拡大するプロジェクションマッピングの高度化と普及を促進し、世界で通用する若手映像クリエイターのための登竜門を設立することにより、将来のコンテンツ産業の中核となる人材の育成と、コンテンツ産業の発展に寄与することを目指します。

 

<東京国際プロジェクションマッピングアワード vol.2 上映会・最終審査 開催概要>
日程:2017年12月16日(土)
会場:東京ビッグサイト会議棟前広場
入場無料

 

◆タイムスケジュール
16:30~/開場
17:00~/エキシビション パナソニック(株)主催 東京2020公式プログラム「Sports Design.camp」
https://sportsdesign.camp/
17:30~18:35/ノミネート作品上映会&花火
19:30~20:00/表彰式 (会議棟1F レセプションホールA)

 

◆公式ウェブサイト  http://pmaward.jp

 

◆各賞/副賞
応募作品の中から優秀と認められた作品に対し、以下の各賞および副賞を授与します。
・最優秀賞 1チーム(トロフィー、賞状、および副賞50万円)
・優秀賞 1~2チーム(トロフィー、賞状、および副賞)
賞金総額100万円
※予定 ※場合によっては、審査員特別賞を選出

 

◆審査員  ※五十音順、敬称略
川本 康(『コマーシャル・フォト』統括編集長)
西田 淳(ドリル / コンテンツプランナー)
橋本 大佑(映像作家・アニメーション作家)
Marc‐André Baril(マルチメディアエンタテインメントスタジオ「Moment Factory」東京オフィス責任者)
森内 大輔(プロデューサー / デザイナー )
森本 千絵(goen° / コミュニケーションディレクター・アートディレクター)

 

◆出場チーム名/学校名 全11チーム ※順不同
西千葉Lab / 千葉大学、アントルメ / 大妻女子大学、MYUTO / 東京造形大学
駄菓子屋ph8.0 / 大阪芸術大学、mappi / 多摩美術大学、Harada:Lab / 大同大学
あなぐらむ / 日本電子専門学校、八多摩模様 / 多摩美術大学・日本工学院八王子専門学校
如月駅 / 日本工学院八王子専門学校、サプライズ松本 / デジタルハリウッド大学
mir.a.qui / New York University Abu Dhabi (アラブ首長国連邦・アブダビより参加)

 

主催:東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会
(運営:株式会社ピクス、株式会社イマジカデジタルスケープ)

共催:株式会社東京ビッグサイト、一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会、有明エリアマネジメント連絡会

特別協賛:株式会社イマジカ・ロボット ホールディングス、パナソニック株式会社/パナソニック システムソリューションズジャパン株式会社

協賛:オートデスク株式会社

後援:経済産業省、東京都港湾局、江東区、TCVB(公益財団法人東京観光財団)、CG-ARTS(公益財団法人画像情報教育振興協会)、VIPO(特定非営利活動法人映像産業振興機構)、CODA(一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構)、DCAJ(一般財団法人デジタルコンテンツ協会)

メディア協賛:映像新聞、クリ博ナビ、コマーシャル・フォト、月刊サイン&ディスプレイ、CGWORLD、JDN、登竜門、東京お台場. net

特別協力:ゆりかもめ、りんかい線

協力:株式会社Box Japan、フジテレビジョン、アクアシティお台場、ヴィーナスフォート、ダイバーシティ東京 プラザ、デックス東京ビーチ、お台場SKYツーリストインフォメーション、グランドニッコー東京 台場、東京お台場 大江戸温泉物語、MEGA WEB、独立行政法人都市再生機構、ホテルサンルート有明、東京ベイ有明ワシントンホテル、株式会社乃村工藝社、東京ベイコート倶楽部、ホテルトラスティ東京ベイサイド、東京ベイ・クルージングレストラン シンフォニー

 

<東京国際プロジェクションマッピングアワード 公式サイト/SNS>
公式サイト: http://pmaward.jp
公式Facebook: https://www.facebook.com/pmaward.jp/
公式Twitter: https://twitter.com/pmaward_jp

 

<当リリースに関するお問い合わせ>
株式会社ピクス 広報担当:神戸(かんべ)TEL: 03-3791-8855 e-mail : pmaward@pics.tokyo
株式会社イマジカデジタルスケープ メディアサービス部 広報担当:藤吉
TEL: 03-5459-6203  e-Mail : pmaward@dsp.co.jp

ページのトップへ戻る