「映像制作のリモートワーク」をテーマにウェビナー開催 イマジカデジタルスケープ 映像匠塾2020

2020/08/12

 株式会社イマジカデジタルスケープ(代表取締役社長:篠原 淳、本社:東京都渋谷区 以下:当社 )は、映像業界のリモートワーク化をテーマにした「映像匠塾」初のウェビナーを、8/21(金)に開催いたします。

 

 当社は、映像業界向けのセミナー「映像匠塾」を2014年からスタートし、時流に沿ったテーマを取り上げ毎年開催をしています。

 今年度の映像匠塾2020では、リモートワークをテーマに、リモートワークツール提供企業のサービス担当の方や現場で働くエディターの方々を講師に迎え開催いたします。新型コロナウイルス感染症の影響により、リモートワークの導入やオンラインでのイベントや会議など、働き方がめまぐるしく変化してきていますが、映像業界の制作体制も例外ではありません。
当セミナーはZOOMを使ったウェビナー形式で実施します。セミナー中のアンケート投票結果を元に参加者の興味関心に沿った内容を取り上げ、ディスカッション形式にて行います。

 

<セミナー概要>
セミナー名:映像匠塾2020 〜映像制作アフターコロナの付き合い方(リモート特集)〜
日程:2020年8月21日(金)16:00 開始(セミナー時間1時間15分程度)
参加費:無料
開催方法:ZOOMを利用してのウェビナー開催
お申し込み・詳細:https://www.dsp.co.jp/tocreator/movie/event-movie/takumi2020_event/

 

<当件に関するお問い合わせ>
株式会社イマジカデジタルスケープ 映像匠塾事務局 takumi-juku@dsp.co.jp

ページのトップへ戻る