Web OJTセンターとは


Web_OJTセンター

現場に必要とされる人材育成

第一線で活躍するフロントエンドエンジニア・ディレクターが、研修やOJTを通して、Web制作人材を育成します。
実務経験豊富なメンバーが、現場で通用するスキルの向上をテーマに、講座の企画・実施・改善を行っています。
「今」の現場に必要なスキルのみでなく、今後必要になると予想される技術の研究も行い、真に現場に必要な人材の開発・育成を行います。

 

受託制作

Web実務の未経験者が就業する際に、最初のハードルとなるのが実務経験の有無です。
Web OJTセンターでは、イマジカデジタルスケープで受託している制作案件を通じて、この実務経験を蓄積します。
OJTとはいえ、経験豊富なメンバーがサポートするので、制作物の品質は確保したうえで納品までの実務を行います。

 

クライアント常駐

OJTで習得したスキルを、お客様先に常駐して発揮。実際のお客様とのコミュニケーションを通して、さらなる実務経験を積みます。
チーム常駐している現場なら、共通の育成プログラムを習得したメンバーは仕事の作法に共通理解があるので、相乗効果で大きなパフォーマンスを発揮することが期待できます。
当然単体の常駐でも対応できるだけの充分なスキルは身に着けています。

 

教わる人から教える人へ

単に基礎スキルを身に着けてクライアント常駐だけではなく、外部で得た知識をWeb OJTセンターに還元し、後進育成のサイクルを創出します。
教わる人から、教える人へのサイクルが、新しい技術の習得と継続的なスキル向上の源となります。

 

ページのトップへ戻る