他社にはできないことを実現し続ける自信があります(白勢)

他社にはできないことを実現し続ける自信があります

現在担当している仕事について説明してください。

AR(Augmented Reality/拡張現実)という新しい技術を使ったコンテンツの企画提案・開発をしています。ARとは、あらかじめアプリをインストールしたスマホをお菓子の袋にかざすとアイドルの動画が再生されたり、スマホでバーチャルな映画俳優と記念撮影ができたりする技術です。テレビ局のイベント、映画の宣伝など、多くの販促キャンペーンの仕事があります。私たちは、技術力で他社には負けない自信があります。

AR技術の仕事のおもしろさは何ですか?

マンションの建設現場でタブレットをかざすと、完成した家の中に入れるアプリや、誰もが知っているお菓子のありがとうキャンペーンなどを手がけました。関わったコンテンツやアプリが話題になると「やった!」という気分ですね。そもそも私が開発の仕事に就いたきっかけは、学生の頃にCGの可能性や表現の多様さに目を見張ったことなんです。今、自分が関わるコンテンツが、人々に驚きやわくわく感を湧き起こしていると思うと、楽しくてしかたがありません。

イマジカデジタルスケープに入社してよかったと思うことは?

「クリエイト」する人をサポートする会社だからかもしれませんが、開発環境が整っているのがとても助かります。次々と発売される新しいデバイスや、目まぐるしく変わるOSや通信環境に対応するには、やはり機材の性能は重要です。また、アプリの開発期間は長期にわたることが多いため、クライアントの予算配分や当社の回収スケジュールなども考えなければなりません。その点、クライアントの要望を考慮してもらえるのも仕事のしやすさの一つです。

今後取り組んでいきたい仕事、挑戦したいことはなんですか?

今後も、新しい技術を活かした商品を作り続けていきたいです。今はとにかくARの引き合いが多く、個別のリスエストにオーダーメイドで対応していますが、近いうちにパッケージとして商品化したいと考えています。そして時間的に余裕ができたら、外国の展示会にも行ってみたいです。日頃から情報収集はしていますが、展示会では新技術を使用したCG作品を、一度に大量に見ることができるので、多くのアイディアに出会えるし、気づきもいろいろあるはずです。

他の社員のインタビューをチェック

 ・人材サービスを通じてクリエイティブ業界へ貢献を(本橋)

 ・自分ならではの視点で解決策を提案していきたい(土田)

 ・新規で立ち上げたサービスと共に自分自身も成長したい(中西)

 ・他社にはできないことを実現し続ける自信があります(白勢)

 ・キャリアカウンセラーとは登録スタッフの人生に関わる仕事です(岩元)

 ・恵まれた環境をいかして業界の人材プロデュースを(安田)

 ・人材プロデューサーの立場から関わるコンテンツ制作(杉浦)

 ・企業と学生の幸福な出会いの場をつくり、良い採用に結び付けたい(三浦)

 ・クライアントの発展が喜びであり、この仕事の魅力。(Webテクニカルディレクター石井)

    • イマジカデジタルスケープの採用エントリーページへ