Web業界人材コンサル営業


現在担当している仕事について説明してください。

インターネット関連企業を中心とするWeb業界のクライアントに対し、人材派遣、人材紹介、教育研修、人材採用などのサービスを提供しています。コンテンツ制作の場合、作る人のノウハウやアイディアがそのまま形になり、商品として世に出るので、人材のプロデュースがとても重要です。良いコンテンツを作るため、クライアントの要望をきちんとヒアリングした上で、対等にディスカッションをしながら解決策の提案をしています。

人材プロデュースの仕事のおもしろさは何ですか?

クライアントが要望する通りの人材が見つかるのはかなりラッキーで、通常はなかなか見つかりません。そこで「仕事の流れを変えられないか」、「業務分担を変えられないか」などをクライアントと一緒に考え、今手に入る人材を活かしてプロジェクトを成功させる方法を提案します。ここが最も難しく、でも、やりがいのあるところです。自分の提案がプロジェクトに採用されてうまくいくと、「次も頑張ろう」という活力につながります。

イマジカデジタルスケープに入社してよかったと思うことは?

自分が紹介したクリエイターが力を発揮している様子は何度見てもいいものです。その作品の創造には間接的にしろ私も関わったわけで、世に出る成果を実感できるのがいいですね。また、当社の登録スタッフはクリエイターが多いのですが、事務系スタッフと違い、彼らは横のつながりがあります。その中で当社の良い評判が口コミで広がっているようで、契約が終了してもまた当社の紹介で就業するスタッフが多いのはうれしいポイントです。

今後のキャリアアッププランについて、どう考えていますか?

人材派遣に限らず、クライアントの採用活動全般にわたってコンサルティングして行きたいと思います。そのためには、企業内での業務について知る必要がありますから、例えばWebページの制作についても、もっと広く、深く、知識を身につけたいです。そして、クライアントの今後の経営計画や、新たな事業展開などについても情報をもらい、人材ニーズが発生するタイミングを見極め、先手を打って採用活動の提案をするアドバイザーになりたいです。

?

他の社員のインタビューをチェック

・人材サービスを通じてクリエイティブ業界へ貢献を(本橋)

・自分ならではの視点で解決策を提案していきたい(土田)

・他社にはできないことを実現し続ける自信があります(白勢)

・キャリアカウンセラーとは登録スタッフの人生に関わる仕事です(岩元)

・恵まれた環境をいかして業界の人材プロデュースを(安田)

・人材プロデューサーの立場から関わるコンテンツ制作(杉浦)

・企業と学生の幸福な出会いの場をつくり、良い採用に結び付けたい(三浦)

・クライアントの発展が喜びであり、この仕事の魅力。(Webテクニカルディレクター石井)

ページのトップへ戻る