キャリアカウンセラー


現在担当している仕事について説明してください。

私が担当しているのは登録に来る方に最初に接する仕事です。求職中の人は、「自分にはどんな仕事が向いているのか」、「現場で評価されていないのでは?」など、迷いや悩みを抱えていることが多いのですが、その不安な気持ちに耳を傾けます。自分の人生を自分プロデュースできるように、自信を持ってもらうのが第一歩。そのためにどうサポートするのがベストなのかをいつも考え続けています。

キャリアカウンセラーの仕事のおもしろさは何ですか?

不安そうな表情で登録に来た方の顔が、面談が進むうちに晴れ晴れとしていくのが自分のことのようにうれしいです。
登録の面談ではまず、これまでの経歴を聞いて、今持っているスキルを整理することから始めます。「これもできる」、「あれも可能」と、できることを数えあげていくと、自分で思っていた以上に可能性が広がるものです。ご本人のキャリアアップの方向も聞いて、気持ちが自然と仕事に向くようにして、いざ、お仕事を紹介します。

イマジカデジタルスケープに入社してよかったと思うことは?

部署や担当する業務に関係なく、自由にアイディアを出し合ったり、相談したりできる雰囲気がイマジカデジタルスケープにはあります。社会人として働く期間はかなり長いので、一緒に働く仲間は大切です。社会情勢や景気動向は刻々と変化していて、会社から求められる成果もひとつではありません。迷った時、自分に足りない部分を補ってもらったり、意見を交換しあったりしながら成果を形にしていくのは、一緒に働く仲間に恵まれているからこそできることだと思います。

今後のキャリアアッププランについて、どう考えていますか?

「キャリアアドバイザー」、「キャリアカウンセラー」といった、国家資格に挑戦してみたいです。今まで、経験を積み上げて獲得してきた知識やノウハウを、系統だてて整理するのに役立つはずです。また、私の前職はエンジニアだったのですが、技術者は、自分が慣れ親しんだ環境以外で開発することにしり込みする人が多いのです。クリエイターにプラスして、エンジニアに仕事紹介ができるプラットフォームを、いつの日か作ってみたいと思います。

休日は何をして過ごしていますか?

?

他の社員のインタビューをチェック

・人材サービスを通じてクリエイティブ業界へ貢献を(本橋)

・自分ならではの視点で解決策を提案していきたい(土田)

・他社にはできないことを実現し続ける自信があります(白勢)

・キャリアカウンセラーとは登録スタッフの人生に関わる仕事です(岩元)

・恵まれた環境をいかして業界の人材プロデュースを(安田)

・人材プロデューサーの立場から関わるコンテンツ制作(杉浦)

・企業と学生の幸福な出会いの場をつくり、良い採用に結び付けたい(三浦)

・クライアントの発展が喜びであり、この仕事の魅力。(Webテクニカルディレクター石井)

ページのトップへ戻る