ゲーム業界人材コンサルティング営業


Q. 現在担当している仕事について説明してください。

ゲーム業界のクライアントに向けての人材コンサルティング業務をしています。クライアントが持つ人材関連のニーズに対し、人材派遣、人材紹介、新卒採用活動、中途採用活動、その他、様々なサービスの提案を行っています。入社してから、学生時代は遠く感じていたクリエイティブ業界を身近に感じることができて、楽しい毎日です。最近では、大手のクライアントを担当させてもらったこともあり、業績に対する使命感も感じるようになりました。

Q. 人材プロデュースの仕事のおもしろさは何ですか?

この仕事は営業というより、エージェントに近いのではないかと思います。クライアントとスタッフの間に入って双方にコンサルティングするのですが、どちらに対してもいいことだけ言ってまとめるのではなく、希望をかなえる点と視点を変えてもらう点を考え、説明して納得した上で就業してもらいます。お互いに歩み寄ってもらうための解決策を提案するのですが、「そんな策があったか!」と、ハッとさせる、私ならではの提案をしていきたいです。

Q. イマジカデジタルスケープに入社してよかったと思うことは?

私は外見も話し方もおっとりめで、しかも新人ですから、頼りなく見えていたと思います。それが最近、クライアントがいろいろ要望を言ってくれたり、相談してくれるようになってきました。スタッフさんはもちろん私より年上で、中には親と同じくらいの年齢の方もいますが、そんな人生経験豊富な方から人生相談を受けることもあるんです。今までの積み重ねで、営業として認められてきたんですね。頼れる営業になれるように、まだまだ勉強です。

Q. 今後のキャリアアッププランについて、どう考えていますか?

キャリアアップまではまだ考えられません。とりあえず3年間はがむしゃらに頑張る、と決めています。学生時代はゲームが好きで時間があれば遊んでいましたが、今はゲームをしている時間はないのに知識としての必要性は高いんです。そんな矛盾を解決するために、動画サイトや家電量販店のゲームコーナーをチェックしたり、雑誌を読んだりしています。生活のすべてが仕事に関連した行動で埋まっている感じなので、キャリアアップは3年経ったら考えます。

他の社員のインタビューをチェック

 ・人材サービスを通じてクリエイティブ業界へ貢献を(本橋)

 ・自分ならではの視点で解決策を提案していきたい(土田)

 ・他社にはできないことを実現し続ける自信があります(白勢)

 ・キャリアカウンセラーとは登録スタッフの人生に関わる仕事です(岩元)

 ・恵まれた環境をいかして業界の人材プロデュースを(安田)

 ・人材プロデューサーの立場から関わるコンテンツ制作(杉浦)

 ・企業と学生の幸福な出会いの場をつくり、良い採用に結び付けたい(三浦)

 ・クライアントの発展が喜びであり、この仕事の魅力。(Webテクニカルディレクター石井)

ページのトップへ戻る